ライスシャワーの意味

ライスシャワーの意味 挙式を終えた新郎新婦に対してお米をシャワーのように浴びせるのがライスシャワーですが、この風習はどのような意味があるのでしょうか。
お米というのは一粒から数千にも及ぶ米粒が収穫できますので、豊作の象徴として扱われる事があります。そのため食べ物に困らない生活が送れるという願いが込められていると言い、同時に子宝に恵まれる事を願う意味合いがあるようです。このライスシャワーは教会式での挙式で行われていますが、その起源は古代ローマにまでさかのぼります。古くには現在のように米粒を振りまくのではなく、小麦を浴びせていたとされています。やがて小麦から米粒に変化していき、ヨーロッパに渡った後にアメリカまで伝わっていきました。似たような風習に花を振りまくフラワーシャワーがありますが、花びらとは異なりお米の場合は行なった後の清掃が大変だという点に注意が必要です。式場によっては禁止されている事もありますので、事前に確認しておく事が大事です。

式場だけでなく聖職者選びも大事

式場だけでなく聖職者選びも大事 挙式は大きく分けて和式と洋式がありますが、洋式なら定番の教会式で、聖職者と共に式を挙げるのが良いのではないでしょうか。
この挙式のスタイルは別名チャペル式とも呼ばれ、キリスト教の考えや教えに則り、厳かに執り行われるものを指します。花嫁がウェディングドレスを着用する挙式は、キリスト教スタイルの教会式のイメージが強く、聖職者と一緒に参列者から注目を集めたり、写真に写るのが定番です。チャペルの雰囲気は心が落ち着いたり洗われるようですし、光が差し込む大きな窓や、美しいステンドグラスが印象に残るものです。後ろに見える十字架や鐘の音、バージンロードといった要素を含めて、記憶に残ったり思い出になります。だからこそ、信頼できる人に司会進行を任せたり、挙式の成功に向けて協力し合うことが必要です。キリスト教会スタイルの式を挙げるのであれば、理想の施設を選ぶだけでなく、司会進行役やスタッフなど、人も含めて選択することが大切ではないでしょうか。

新着情報

◎2020/8/24

ライスシャワーの意味
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

教会式挙式のドレスの着付け
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 教会」
に関連するツイート
Twitter