このサイトでは、教会式挙式についての情報が色々と幅広く紹介されています。
例えば教会で結婚式を行うメリットは何かや、神父さんに支払うお金は大体いくら位なのか、式で歌われる讃美歌の事や、当日身につけるドレスの着付けはどうするか等、とにかく役立つ情報を沢山知る事が出来ます。
さらにはライスシャワーの意味等、知っておくと得する雑学も掲載されているので、教会での結婚式を考えている人にとっては必見のサイトです。

教会式挙式のここが素敵!

教会式挙式のここが素敵! 教会式挙式を行うメリットは沢山あります。
まず神聖な挙式を行う事が出来るという点です。
教会では普段からミサや礼拝が行われています。
その為チャペルとは全く違った神聖な雰囲気があり、深く記憶に刻まれる結婚式になります。
またこうした荘厳な雰囲気な挙式を写真に撮る事が出来るので、形としても残せるというのも大きなメリットです。
教会には鮮やかなステンドグラスや、大きな十字架に立派なパイプオルガン、そして長いバージンロード等絵になるものばかりです。
これを写真に収める事で、一生の宝物になります。
他にも記念日や節目に、再び訪れる事が出来るというのもメリットです。
結婚式場等で挙式を行うと、再びその場所へ行くという事はほとんどありません。
しかし教会であれば、その後も何回でも再訪する事が出来ます。
その為、結婚記念日やクリスマス等に訪れる事も出来、その度にここで結婚式をやったと初心を思い出せるというのも素敵な点です。

キリスト教のしきたりに則った教会式の挙式と種類について

キリスト教のしきたりに則った教会式の挙式と種類について 数ある挙式スタイルの中で、日本において最も人気の高いのが教会式です。
教会式はキリスト教のしきたりに則り神様に結婚を誓うスタイルで、チャペルや教会を会場に神聖な雰囲気の中で式を挙げられることや、家族や親せき以外の友人も出席できることなどが特徴です。
バージンロードやパイプオルガンの音色などが印象的ですが、実は、同じキリスト教でもカトリック系とプロテスタント系の2種類があり、式の内容に若干の違いがあります。
カトリック系は新郎か新婦のどちらかが信徒であることが条件で、基本的に初婚の人のみが挙式を挙げることができます。
式は日々行われている「ミサ」の形式に沿った形で、祭壇の十字架にはキリスト像があり、神父による説教と婚姻の誓約、結婚指輪の交換の順で進められます。
一方のプロテスタント系の場合は信仰する宗教に関係なく式を挙げられることが特徴で、現在のキリスト教式の挙式のほとんどがこのプロテスタント系となっています。
式を執り行うのは牧師で祭壇の十字架にキリスト像はなく、婚姻の誓約と新郎新婦の宣言の後に結婚指輪の交換、牧師による祝祷で式は終わります。
式後は新婦によるブーケトスや友人によるライスシャワーなどの祝福があることも特徴となっています。

おすすめの結婚式情報サイト

神戸 挙式

新着情報

◎2020/8/24

ライスシャワーの意味
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

教会式挙式のドレスの着付け
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 素敵」
に関連するツイート
Twitter